ARシステム「HADO」最新コンテンツ、 “HADO SHOOT!” 静岡県最多**スクリーンシネコン シネプラザサントムーンにて5 月 30 日 世界初*展開スタート! 静岡県最多スクリーンシネコン シネプラザサントムーン ロビーにて 5月30日展開スタートします。

静活株式会社(静岡市葵区/代表取締役 江崎和明)が、 世界初展開となるAR(拡張現実)エンターテイメント、“HADO SHOOT!“を “ZUUKA Project”第 1 弾として(第 2 弾も近日公開)、 静岡県最多スクリーンシネコン シネプラザサントムーン ロビーにて 5月30日展開スタートします。





株式会社meleapが開発した最新ARシステム「HADO」を活用した最新ARゲーム「HADO SHOOT!」が5月30日より静岡県シネプラザサントムーンにて世界で始めて展開されます。

HADOは自分の手から魔法を打ちモンスターを倒す、そんな子供の頃の夢を実現したARスポーツです。スポーツ型の競技「HADO」はe-sportsの賞金つき大会「HADO WORLD CUP」が賞金300万円で開催されることがさ先ごろ発表されたり、関連動画の再生回数が500万回を突破するなど世界に展開されています。

頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着し、現実世界に現れたモンスターと腕を振りファイアーボールを放って戦います。
これまでハウステンボス、三越日本橋本店、各地のイオンモール、果ては国境を超え中国台湾でも展開されています。

今回新たに展開される「HADO SHOOT!」はARゴーグルをつけると、どこでもドアの向こう側のようなCGワールドが壁の向こうに出現。ファンシーでかわいいモンスターとのバトルを楽しめます。CGワールドから飛び出して体当たりしてくるモンスターをファイアーボールで向かい撃つゲームです。

シネプラザサントムーンが「HADO SHOOT!」世界初の常設店舗として5月30日よりスタートします。