冲方丁の<最後のライトノベル>シリーズ、ついに完結! 『テスタメントシュピーゲル3 下』、7月1日刊行決定!

『天地明察』で本屋大賞、『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞を受賞するなど、さまざまなジャンルで活躍する作家、冲方丁氏。彼が<最後のライトノベル>と銘打って執筆を続けてきた人気ライトノベル「シュピーゲル」シリーズの最終巻『テスタメントシュピーゲル3 下』が、7月1日に刊行されることが決定した。





歴史小説『天地明察』で本屋大賞を含む5つの賞を、『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞を受賞、また昨年刊行した『十二人の死にたい子どもたち』で直木賞候補になるなど、ジャンルを超えて活躍する作家、冲方丁氏。彼の人気ライトノベル「シュピーゲル」シリーズの最終巻『テスタメントシュピーゲル3 下』が、7月1日に刊行されることが決定した。

国際都市〈ミリオポリス〉を舞台に、機械化された少女たちの闘いを描く「シュピーゲル」シリーズは、富士見ファンタジア文庫『スプライトシュピーゲル』(全4冊)、角川スニーカー文庫『オイレンシュピーゲル』(全4冊)『テスタメントシュピーゲル』(既刊4冊)が発売中です。第1回角川スニーカー大賞受賞者でもある冲方氏の最長シリーズであり、<最後のライトノベル>と銘打たれた作品として、長年ファンの注目を集めてきました。シリーズの始まりの1冊である『オイレンシュピーゲル壱』が刊行されたのは2007年。実に10年がかりで書き上げられた圧巻の大河ライトノベルが、遂に完結を迎えます。

本シリーズは、可憐な少女達、緻密な世界観、怒濤のバトルシーンが融合するSFアクションエンタテインメント。シリーズ内で張り巡らされていたすべての伏線が回収される超弩級の最終巻の刊行に際して、冲方氏からは「長らくお待たせしました! 同時多発ストーリー――いよいよの最終幕です! 彼女ら・彼らの物語をどうぞお見届け下さい!」とのメッセージが。シリーズ全体の総ページ数はなんと5502頁。ジャンルの枠を超えたエンタテインメント作品として多くの方にお楽しみいただけることと思います。

■『テスタメントシュピーゲル3 下』書誌情報

○『テスタメントシュピーゲル3 下』(角川スニーカー文庫)
発売日:2017年7月1日(金)
本体定価:880円
ページ数:516ページ
イラスト:島田フミカネ
書誌ページ:http://www.kadokawa.co.jp/product/321609000199/