大阪・西中島南方が再び“肉”中島南方に!? 肉料理イベント第2弾を5/15~29に42店舗で開催

大阪・西中島南方飲食店の協力会である肉中島南方 実行委員会(西中島がんばろう会)(代表:初本 貫、以下 NGK)は、2017年5月15日(月)から5月29日(月)までの15日間、肉料理をテーマとしたイベントの第2弾『肉中島南方(にくなかじまみなみがた)シーズン2』を開催します。
本イベントは、2016年8月~11月に29店舗で第1弾を実施しており、たくさんのお客様にご来店いただきました。このたび昨年の好評を受け、参加店舗を42店舗に拡大し、第2弾を開催します。





西中島南方は、新大阪に近い上、利用者の多い御堂筋線の沿線にあるにも関わらず、リーズナブルでおいしく楽しい飲食店がたくさんあることがまだまだ知られていません。そこで、さらなる利用人口の増大、ひいては地域の活性化を目指して、2017年は『肉中島南方シーズン2』を開催いたします。今回は昨年の「肉中島南方」を上回る42店舗が開催に賛同。本イベントを機に、西中島南方をさらに盛り上げてまいります。

新大阪の南に位置するオフィス街「西中島南方」が、2017年5月15日(月)から5月29日(月)までの15日間、再び“肉好きの肉好きによる肉好きのための街”に変わります。肉料理が自慢のお店だけではなく、イタリアン、寿司店、うどん店、お好み焼き店、ラーメン店など、前回よりさらに多い42の様々な参加店舗が、それぞれに肉をメインとした肉料理を用意し、全国の肉食家たちをおもてなしいたします。(※店舗により、提供日・提供時間帯など設定があります)

今回、新たな試みとして「生産者の顔が見える野菜」とのコラボを実施します。淡路島の玉ねぎ農家と直接契約し、全店共通で新玉ねぎを仕入れます。生でも食べられる甘さとみずみずしさの、美味しい淡路島産の新玉ねぎを料理に使用します。
西中島南方の地域活性化だけでなく、日本の本当に美味しい野菜も堪能いただけるイベントとして開催します。

【業態様々な飲食店42店舗が提供する肉料理メニュー】
期間中、肉を中心としたメニューを各店舗1品ずつ「肉中島南方メニュー」として提案。全店舗に置かれる「肉中島南方メニュー」冊子に写真付きで掲載されます。「まさに肉料理!」というイメージを押し出しつつも、バラエティに富んだメニューが42店舗分掲載されています。