物忘れ大国ニッポン! ”アレ、アレ、アレ何だっけ?“「アレアレ症候群」が急増! 物忘れ対策には、『思い出す力』をつけることが重要!~ 『思い出す力』をアップする対策をご紹介 ~

「人の名前や漢字が思い出せない」「今、何をしようとしたか思い出せない」など、日々”物忘れ“を感じている人も多いのではないでしょうか。株式会社ネオマーケティングが実施した「記憶力に関する調査」では、物忘れ(思い出せないこと)の経験があると回答した人の割合は全体の約8割、物忘れや思い出せないことがあって、「あれあれ、あれ何だっけ?」「あれあれ、あの人誰だっけ?」と言うことがあると答えた人は、全体の77.1%という結果が明らかになりました。横浜新都市脳神経外科病院 内科認知症診断センター部長の眞鍋雄太氏によると、イメージは頭の中に浮かぶのに、該当する言葉が出てこない現象=「アレアレ症候群」が広がっているようです。


BUZZ JAPAN(バズジャ)日本のイベント・祭り・行事・観光・子育て・グルメ・レジャー




広がる”アレアレ症候群“対策には、「思い出す力」をつけることが重要!
今回、人びとの健康維持・向上のため、医薬品原料・健康食品素材・化粧品原料などの有効成分を抽出・精製、研究を行うタマ生化学株式会社は、この「アレアレ症候群」対策として、「思い出す力」に着目しました。脳機能の向上効果が期待できるイチョウ葉エキスのほか、専門家の眞鍋雄太氏に監修していただき、“思い出す力をアップする“物忘れ対策をご紹介いたします。
■「アレアレ症候群」
俳優や女優の名前が出てこない、咄嗟に漢字が思い出せないなど、イメージは頭の中に浮かぶのに、該当する言葉が出てこない現象で、思い出せない際に、『あれあれ、あれ何だっけ』・『あれあれ、あれ誰だっけ』・『あれあれ、あそこどこだっけ』などと言ってしまうことから名づけたもの。
『あれあれ、あの人誰だっけ』『あれあれ、あれ何だっけ』
株式会社ネオマーケティングが実施した「記憶力に関する調査」によれば、実に8割以上の人がこうした「アレ、アレ。」を経験しているそうです。俳優や女優の名前が出てこない、咄嗟に漢字が思い出せない。イメージは頭の中に浮かぶのに、該当する言葉が出てこない。こうした現象、“アレアレ症候群”と名付けて良いかもしれません。
ではどうして、アレアレ症候群が生じるのでしょうか。「記憶」を理解して、“アレアレ”の原因と対策を考えてみたいと思います。
「記憶」は、3つの過程から成り立っています。第1行程は、感覚器(眼、耳、鼻、口、皮膚)から大脳に入力された対象課題(状況や出来事、事物の名称)を覚える「記銘」です。続く第2行程は、記銘された対象をengram(記憶痕跡)として大脳に保存する「保持」が行われ、第3行程では、課題に応じて必要とされる内容をengramの山の中から探し出し認識する(=思い出す)「想起」を行います。また、第1行程に先駆けて、対象課題を認識して意識に上げるという前段階が存在します。従って、前段階に始まり記憶の3行程が終了するまでの何れかで処理が上手くいかないと、私たちは“アレアレ症候群”に陥ってしまうという訳です。

では、どうしたら記憶の行程を円滑に処理し、“アレアレ”を回避することができるのでしょうか。
“アレアレ”回避の方法その一。対象課題に興味関心を持ち、注意を集中して意識することです。感覚器からいくら情報の入力があっても、意識というフィールドに認識されない物を記憶することは出来ません。次に、強い感情を伴った対象課題は記憶されやすいといった記憶の特徴(情動補強)や、対象課題に関連する事項をある程度塊(チャンク)として記銘および保持することがポイントとなります。
チャンクで対象を覚えると、なぜ想起しやすくなるのでしょうか。俳優の名前を例に考えてみましょう。名前は所詮記号に過ぎません。無目的な数字の羅列を記憶することが困難なのと同じように、単なる記号を記憶出来ないのは、至極当たり前のことです。そこで、俳優Aさんの名前を、「Aさんは、月曜日の午後9時から放送された〇〇というドラマの主演俳優で、よくBさんと共演していて、刑事役が多く、ストーリーは・・・」といった具合に関連する内容チャンクで記憶すると、意外と“アレアレ”には陥らないことに気付くでしょう。というのも、関連する情報が多いということは、「A」を探り出す手掛かりもまた多いということとイコールです。手掛かりが多ければ、思い出すチャンスも増えるという訳です。

他にも、“アレアレ”回避法として使える記憶の特徴があります。繰り返し情報が入力されると、神経細胞間の情報伝達能力が鍛えられ記憶が増強される「シナプス増強」の利用です。課題対象のinputとoutputを繰り返し行うと、記銘、保持、想起が円滑に進むという現象で、テストや受験前に皆さんがしていたことに他なりません。また、海馬は新規の記憶内容を重要と判断した場合、その他のengram(記憶痕跡)が想起されるのを抑制して、この重要な記憶を積極的に想起出来るよう記憶の神経回路の形成を促進させることも明らかにされています。こうした記憶の特徴も積極的に利用すべきでしょう。

以上をまとめると、対象課題に興味関心を持ち、注意を集中して意識する。感情を伴う状況下で対象をチャンク(塊)で「記銘」し、繰り返しその情報を記憶の行程に乗せる。具体的には、直ぐにスマホ等で調べないで、思い出せない事象に関し、これを含むチャンクを連想、想起する。その上で、想起できたチャンクを解きほぐし、課題内容を思い出す。こうした「記憶」を鍛えるトレーニングは、“アレアレ症候群”を回避する上で重要な手法となる訳です。