6月3日(土)運行の秩父鉄道「SLパレオエクスプレス」車内でマッサージリラックスイベント「ハンドコミュニケア®」開催!

「ハンドコミュニケア®療法士」が、乗客のうち希望者に肩こりや腰痛、乗りもの酔いの予防などに効果のある独自の“ハンド+コミュニケーション+ケア”技術によるハンドマッサージ「ハンドコミュニケア®」を実施。心も体もリラックスしていただけるマッサージが体験できるチャンスです。





認知症・ストレスケアに役立つ手のマッサージ「ハンドコミュニケア®」の資格制度および研修などを手がけている一般社団法人国際オーガニックセラピー協会(事務局所在地:東京都渋谷区、代表理事:鳥塚ルミ子)は6月3日(土)に、秩父鉄道が運行している「SLパレオエクスプレス」車内において、乗客のうち希望者に肩こりや腰痛、乗りもの酔いの予防などに効果がある独自のマッサージを行うリラックスイベント「ハンドコミュニケア®」を実施します。

■SLパレオエクスプレス車内で独自のマッサージ「ハンドコミュニケア®」の体験イベント

国際オーガニックセラピー協会が6月3日(土)に主催するのは、秩父鉄道が運行している「SLパレオエクスプレス」車内で乗客のうち希望者に心も体もリラックスしていただけるマッサージ体験を行うイベント「ハンドコミュニケア®」です。

国際オーガニックセラピー協会が資格取得のための研修などを手がけている「ハンドコミュニケア®」は、反射区といわれるツボのような部分を刺激することで肩こりや腰痛、乗りもの酔いを予防したり、やわらげる効果が期待できます。

イベントは秩父鉄道の熊谷駅10時10分発の「SLパレオエクスプレス」車内で秩父駅到着までの約2時間、乗客のうち希望者に資格を取得している「ハンドコミュニケア®療法士」が独自の“ハンド+コミュニケーション+ケア”技術によるハンドマッサージを行うものです。

■国内外の福祉施設や企業、宿泊施設などに導入が進む「ハンドコミュニケア®」

「ハンドコミュニケア®」は、ハンド+コミュニケーション+ケアを組み合わせた造語です。独自のマッサージ技術として次のような特徴、メリットがあります。

*登録商標(登録5790087)

1.国内外で約17年、10万人以上の施術・指導実績がある“手の”マッサージ技術。2000年からニュージーランド、オーストラリアの福祉施設、オーストラリアの6つ星ホテル「ヴェルサーチホテル」などへ導入されており、日本でも福祉施設やユニリーバジャパンの企業研修などにおいて実施実績があります。

2.年齢、性別を問わず設備や道具が必要なく、手だけでいつでもどこでも可能です。

3.認知症の予防、ストレスケアに役立つ科学的根拠(エビデンス)があります。

4.手にある「反射区」を刺激することで、肩こり、腰痛、乗りもの酔いなどにも効果を発揮。

5.約1時間30分で手軽に学べる入門講座から起業に役立つ認定講師まで、段階別の講座があります。

■秩父鉄道「SLパレオエクスプレス」リラックスイベント「ハンドコミュニケア®」実施概要

イベント実施日:6月3日(土)

実施車両など:秩父鉄道「熊谷」駅10時10分発「SLパレオエクスプレス」車内(同「秩父」駅着12時7分/約2時間)

内容:「熊谷」駅~「秩父」駅車内で乗客のうち希望者に「ハンドコミュニケア®療法士」が独自の“ハンド+コミュニケーション+ケア”技術によるハンドマッサージを実施

*天候など気象条件等により運行しない場合、イベントは中止となります。

*秩父鉄道のウェブサイトで事前に指定席を購入可能です。空席状況はウェブサイトなどでご確認ください。

秩父鉄道ウェブサイト:http://www.chichibu-railway.co.jp/slreservation/