千葉県松戸市に開園した保育園に宅配ロッカーを設置! 働くパパ、ママ、職員の方の利便性を向上し、荷物受け取り待ち時間ゼロへ

新しく開園した「八柱ステーションルーム」は、送迎保育ステーションでもあるため、宅配ロッカーの需要が高いのではないかと考え、保護者の方、職員、配達員の方、すべての方の利便性の向上になるよう、設置いたしました。

宅配ボックス業界シェアNo.1の株式会社フルタイムシステム(本社:東京都千代田区 代表:原 幸一郎 以下 当社)が手掛ける宅配ロッカー(フルタイムロッカー)は、4月1日、社会福祉法人さわらび福祉会(本部:千葉県松戸市)が新しく開園した「八柱ステーションルーム」(園長:山田典子)に採用されました。2018年に社会福祉法人さわらび福祉会が運営する「さわらびドリームこども園」に保育園としては日本で初めて宅配ロッカーを設置していただき、今回は、同法人が運営する保育園での2台目の設置となります。

▼宅配ボックス・宅配ロッカー|フルタイムシステム:https://www.fts.co.jp/

▼保育園向けロッカー: https://www.fts.co.jp/start/hoikuen/

保育園を利用する保護者の多くは、宅配便の配達時間に仕事で家を空けていることが多く、荷物の受け取りに苦労しています。保育園で働く職員の方も同様です。限られた休日の時間を荷物待ちの時間に拘束されることなく、お子様との大切な時間を有意義に過ごしていただくために、また、社会問題にもなっている再配達の削減にも効果があるものとして、フルタイムロッカーの導入を検討いただきました。