全国29都道府県の「竹あかり」をつなぎ、メッセージアートを完成させる「みんなの想火リレー」にアドベンチャーワールドが参加します

アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)は、2020年7月23日(木) に全国47都道府県での竹あかり一⻫点灯
を目指す「みんなの想火プロジェクト」に参画しています。そして29都道府県34チーム・合計306人が各地で
「竹あかり」を製作し、その写真を集めて一つのメッセージアートを完成させる企画「みんなの想火リレー」
に応募し、竹あかり制作を担当する「想火ランナー」に選出いただきました。アドベンチャーワールドからは
園⻑の今津孝二と、ジャイアントパンダ飼育チームが「想火ランナー」として想いを込め、竹あかりを制作
いたします。完成作品は2020年7月23日(木) に開催される「みんなの想火20200723 オンライン」にて発表されます!
このコロナ禍でたくさんの方と一緒にワークショップなどを行うことが難しい状況の中であっても、ひとり
でも多くの方と「竹あかり」を通して日本全国で繋がり、それぞれのふるさとを想う気持ちを一緒に繋いで行
けたらと思います。

【「竹あかり」とアドベンチャーワールドの関係】
これまで「つながるSmile竹あかりプロジェクト」としてジャイアントパンダが食べ残した竹幹を活用して
竹あかりの制作及びパーク内設置・点灯し、ゲストの皆様にご覧いただいています。
ジャイアントパンダの食事に使う「竹」は、大阪府岸和田市の竹林から調達しています。岸和田市では、
竹が生えすぎることで里山に暮らす動物や植物にとって環境が悪化しているため、増えすぎた竹をパンダの
食事用として切り出すことで、荒廃を防いでいます。しかしジャイアントパンダは、竹の葉の部分を食べる
ので、「竹幹」は残ります。この竹幹の活用方法の1つとして、「竹あかり」プロジェクトをスタートしま
した。現在、「竹幹」の将来的な活用方法として「竹堆肥」や「竹粉」、「工芸品」などの可能性を模索、
「循環型パーク」の取組を進めています。

自宅にいながら「竹あかり」の制作がすぐにできる「おうちで竹あかりBOX」を9人1チーム内でリレー形式で回し、全国29都道府県34チーム・合計306人が作った「竹あかり」の写真を集めて一つのメッセージアートを制作する「みんなの想火(そうか)リレー」企画。応募者の中から抽選で選ばれた【想火ランナー】のみなさまへのBOXの発送を行い、各地で「竹あかり」の制作が開始されました。また「みんなの想火リレー」開始を記念して、全国の竹あかりマスターによる「みんなの想火の取説リレー」動画も公開。完成作品は2020年7月23日に開催される「みんなの想火 20200723 オンライン」にて発表いたします!

「みんなの想火リレー」竹あかり制作について
■制作日時:2020年6月15日(月) 午後1時00分〜2時00分(約1時間)
■制作場所:アドベンチャーワールド
■制作者(想火ランナー):
1.園⻑ 今津孝二
2.ジャイアントパンダ飼育チーム
※ 想火リレー専用の竹幹に、電動ドリルで光を通す穴を開け、竹あかりを制作します。