1個のQRコードから多言語の動画が見られるサービス、鹿児島市で本格的な運用開始。スマートフォンなどでスキャンすると端末の使用言語を自動的に認識

「KX鹿児島体験ムービー」として2020年3月より市内の3つの施設、いおワールドかごしま水族館、平川動物公園、観光オブジェ「時標(ときしるべ)」で運用しています。新型コロナウイルスの影響で休業中だった施設も再開され、これから本格的に多くの人に利用していただく予定です。

多言語表示サービス「QR Translator」の開発・運営事業を手がける株式会社PIJIN(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高岡 謙二)は、1個のQRコードから多言語の動画が見られるサービスを鹿児島市の3つの施設で本稼動させています。3月26日(木)に公式オープンした鹿児島市の「KX鹿児島体験ムービー」で、設置されたQRコードから動画や解説文が、日本語のほか英語や中国語などで見られるものです。鹿児島を訪れた人々のまちあるきを一層楽しいものにしています。

「QR Translator」は、QRコードを使った多言語表示サービスです。ユーザーがスマートフォンなどでスキャンすると端末の設定言語が認識され、自動的に翻訳文を表示します。このシステムは日本、アメリカ、中国、ロシア、韓国、ドイツ、イタリア、オランダ、スペイン、フランス、スイス等で特許を取得済みです。