沖縄コーヒーの可能性と魅力を世界に発信! 「沖縄コーヒーサミット2020 in琉球大学」初開催

一般社団法人沖縄コーヒー協会(会長:田﨑 聡)は、このたび沖縄コーヒーの可能性と魅力を県内外に発信することを目的に、「沖縄コーヒーサミット2020 in 琉球大学」を初開催いたします。

およそ100年前から、沖縄ではコーヒー栽培が行われていましたが、趣味程度での栽培が多く、販売して収益を上げようという生産者は殆どいませんでした。また、沖縄でコーヒーが栽培できるということを知っている人が少ないこともあり、この30年以上は「知る人ぞ知る」という存在でありました。それが近年、日本国内でもコーヒーが採れることが報道されるようになり、愛好者も徐々に増えてきております。気候的な優位性や、収穫期の体験を観光に生かすなど、沖縄コーヒーは6次産業化の可能性も秘めています。

イベントでは、アジアを中心に海外のコーヒー生産者を招いた生産者会議、生産・加工・店舗の立場から沖縄コーヒーの可能性を探るトークライブのほか、コーヒーの苗木が購入できる植木市、プロのバリスタによるおいしい淹れ方教室などを予定しています。また、県内のコーヒーショップも出店し、県産コーヒーの提供も行う予定です。生産に携わる方から、コーヒー好きな一般の方まで楽しめる内容となっています。

★沖縄コーヒーサミット2020 in 琉球大学★
日時 :2020年2月16日(日)10:00~17:00
※雨天決行 入場:16:45まで
会場:琉球大学国際地域創造学部 人文社会学部
文系講義棟1階~2階
参加料:お一人様/1,000円
※7歳(小学生以上)~大人まで
※限定1000名様に「イベントオリジナルマグカップ」を
お一人様1個プレゼントします。
http://okinawacoffee.jp/summit/