札幌の除排雪をクリエイティブな視点から見つめ直す「除雪彫刻」が登場 さっぽろウインターチェンジ 2021「Extreme Data Logger:都市と自然の記憶」

札幌国際芸術祭実行委員会と札幌文化芸術交流センターSCARTS は、2月5日(金)~14日(日)の 10日間、展覧会 さっぽろウインターチェンジ 2021「Extreme Data Logger:都市と自然の記憶」を開催します。
「さっぽろウインターチェンジ」は、札幌の冬を普段と違う見方でクリエイティブに楽しむプログラムです。3回目の開催となる今回は、SIAFラボとSCARTSの新しい共同プロジェクトを紹介します。
さまざまなデータを取得する装置「データロガー」と、それにより取得された環境データを鍵に、厳しくも豊かな自然に囲まれた近代都市・札幌ならではの現代における表現や芸術の在り方を考えます。

「積雪」と「除雪」が生み出す特別な雪の形

SIAFラボは、札幌国際芸術祭(SIAF)を支える文化の土壌作りを目指し、オープンなプラットフォームとして活動しています。世界有数の降雪量を誇る都市・札幌の「除雪」という雪国特有の社会インフラを通して、都市と自然の在り方について継続的に考えるリサーチと開発を行ってきました。
展覧会では、除雪作業によって路肩に生まれる雪の形状を彫刻に見立てた「除雪彫刻」をはじめ、「除雪」と「排雪」をクリエイティブな視点で見つめ直します。

また、極限環境下においてデータを集め続けるための装置を「エクストリーム・データロガー」と名付け、そ こから広がる芸術の可能性を、幾つかの試作を交えて紹介します。

開催概要

さっぽろウインターチェンジ 2021 「Extreme Data Logger:都市と自然の記憶」
会期:2021年2月 5 日(金)〜2月14日(日) 10:00~19:00 /入場無料
会場:札幌文化芸術交流センター SCARTS [ SCARTSスタジオ、SCARTSモールC ]
(中央区北 1 西 1 札幌市民交流プラザ 2階)
協力:札幌市雪対策室
主催:札幌文化芸術交流センターSCARTS(札幌市芸術文化財団)、札幌国際芸術祭実行委員会/札幌市
※ 来場者の検温や消毒など、十分な感染症対策を施した上で実施いたします
※ SCARTS 1階では、札幌国際芸術祭2020特別編 展示「SIAF2020ドキュメント」を同時開催しています。併せてご覧ください。

地域活性

Posted by 管理