山形県産品 ポータルサイト 「いいもの山形」 “ぬくもり”をテーマに特集ページオープン

山形県は県産品の魅力を発信するポータルサイト「いいもの山形」を昨年1月に全面リニューアルし、山形県産品を「衣」「食」「住」「楽」の4つのカテゴリーに分け、感覚的に県産品を探すことができるようにいたしました。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため人々の暮らしが変化し、積極的に現地に行けないことから、山形の“いいもの”との出会いを創出する「いいもの山形」に多くの方からアクセスいただいています。

この度、2月15日(月)より「いいもの山形」内にある特集ページ「いいもの山形通信」と山形の“いいもの”を集めた「山形いいもの商店」を連携企画の第2弾として“ぬくもり”をテーマにオープンいたします。

「いいもの山形通信」では「ニッポンの魅力、再発見。」をコンセプトに日本の魅力を伝え続ける、雑誌「Discover Japan(ディスカバー・ジャパン)」の編集長である高橋俊宏氏を起用し、“Rootsを辿る旅”をテーマに、山形の“いいもの”との出会いの旅を発信するコンテンツ「いいもの山形通信vol.3」を公開します。今回は、「地を巡り、ぬくもりを知る」をサブテーマに、米沢の原風景を織り込んだ「ストール」や山形の冬の寒さを温める「木質ペレットストーブ」などの誕生秘話を紹介しています。

【nitorito 「ストール」】

 

【山本製作所「木質ペレットストーブ」】

また、「山形いいもの商店」は、コロナ禍において室内時間が増え、人との触れ合いが減った今、優れた技術と作り手の想いに触れ、そのぬくもりとやさしさを感じてほしいという想いのもと、「いいもの山形」に掲載されている情報の中から、「いいもの山形通信」のテーマに関連する商品を選定・紹介します。今回は“ぬくもりとやさしさ”をテーマに、「急須」や「木製照明器具」など9個をピックアップしています。

山形県産品ブランドプロモーションの一環として実施する上記取組みの詳細につきましては、下記を御参照ください。

【ポータルサイトURL】https://iimono-yamagata.jp

地域活性

Posted by 管理