有機農業・有機農産物が知れる消費者サイト「オーガニック B to C」 農林水産省「国産有機サポーターズ」活動事例を公式ホームページで紹介!

有機農産物バリューチェーン構築推進事業は、公式ホームページである「オーガニック B to C 有機農業・有機農産物が知れる消費者サイト(https://organic-btoc.com/index.html)」にて、農林水産省「国産有機サポーターズ」の活動事例を公開し、国産有機サポーターズ各社の取り組みを紹介しています。 企業・商品紹介のほか、有機を目指す理由、そのおいしさ、苦労話や消費者とのやり取りエピソード、今後の展望などをインタビュー形式にて、熱く語っていただいています。 国産有機サポーターズ64社のうち、「オーガニック B to C 有機農業・有機農産物が知れる消費者サイト(https://organic-btoc.com/index.html)」では、17社の活動事例集をアップしています。 国産有機食品を応援する小売業者及び飲食サービス事業者の皆様の活動をご確認ください。

有機農産物バリューチェーン構築推進事業は、公式ホームページである「オーガニック B to C 有機農業・有機農産物が知れる消費者サイト(https://organic-btoc.com/index.html)」にて、農林水産省「国産有機サポーターズ」の活動事例を公開し、国産有機サポーターズ各社の取り組みを紹介しています。

企業・商品紹介のほか、有機を目指す理由、そのおいしさ、苦労話や消費者とのやり取りエピソード、今後の展望などをインタビュー形式にて、熱く語っていただいています。

国産有機サポーターズ64社のうち、「オーガニック B to C 有機農業・有機農産物が知れる消費者サイト(https://organic-btoc.com/index.html)」では、17社の活動事例集をアップしています。

国産有機食品を応援する小売業者及び飲食サービス事業者の皆様の活動をご確認ください。

 

 

「国産有機サポーターズ」とは

農林水産省では令和2年4月に、新たな「有機農業の推進に関する基本的な方針」を公表し、国内の有機食品の市場規模が2030年に約3,280億円に達すると見通したうえで、同市場への国産の供給割合(国産シェア)を、2017年の60%から2030年には84%まで拡大する目標を設定しました。
農林水産省ではこの目標達成に向け、国産の有機食品を取り扱う小売や飲食関係の事業者の皆様と連携し、生物多様性の保全や地球温暖化防止など、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献する有機の取組の持つ価値や特徴を消費者に広く発信することにより国産の有機食品の需要喚起の取組を進めることとし、そのプラットフォームとして、「国産有機サポーターズ」を立ち上げました。

 

2020年12月末現在、64社が参画しています。サポーターズ各社には、以下の様な取組をお願いしています。

(1)店舗等での国産有機食品の販売・提供
(2)有機農業、有機食品について、消費者に分かりやすく伝える取組の実施
(3)サポーターであることの情報発信
(4)農林水産省が、サポーターズの取組の周知やサポーター間の交流の促進等に

向けて行う取組やイベント等の取組の機会の活用

 

国産有機サポーターズは、国産の有機食品の需要喚起に向け、農林水産省が事業者の皆様と連携して取り組んでいくための新たなプラットフォームです。

今後も有機農産物バリューチェーン構築推進事業は、公式ホームページである「オーガニック B to C 有機農業・有機農産物が知れる消費者サイト(https://organic-btoc.com/index.html)」にて国産有機サポーターズと連携し、各種イベントを実施する等、国産の有機食品の需要喚起を図って参ります。

地域活性

Posted by 管理