市民の投票により、栃木県小山市の新たなキャッチコピーとロゴデザインが決定

栃木県小山市では、シティプロモーションの将来像である『市民が愛着と誇りを持ち、生き生きと暮らす「市民ひとりひとりが主役のまち」おやま』の実現に向けた第一歩として、親しみやすく、愛着をもてるようなキャッチコピーとその想いを具現化したロゴデザインを、市民から広く募り選定を進めてきました。応募いただいた全237点の中から、審査会による審査を経て3つのキャッチコピーとロゴデザインを絞り込み、市民投票を経て、この度、小山市の新しいキャッチコピー・ロゴデザインが決定しました。

 

 

【キャッチコピー】

「小さな自慢が、山ほどあります。」

 

【コンセプト】

小山市には、自然、歴史、文化、食べ物など、散策してみると、いろいろな発見があります。小山の人も、そうでない人も、小山市のたくさんある魅力を知って、この街を好きになってもらいたい、との思いを込めたキャッチコピーです。

ロゴマークは、小山市にある、小さな自慢=等身大の魅力をまとめあげて作りました。「なにもない」ではなく、「あれもこれもある」というポジティブな捉え方をイラストで表現しています。

 

【イラストに描かれた小山市の小さな自慢】

①オモイガワザクラ ②思川・鬼怒川などの河川 ③コウノトリ④ハトムギ・麦などの農産物 ⑤おやま和牛 ⑥小山の豚「おとん」⑦5つある酒蔵から生み出される日本酒 ⑧新幹線 ⑨本場結城紬⑩間々田ひも ⑪ハンドベル ⑫桑

 

【原案者】

深澤 貴子さん(市内在住)

 

今後の活用について

新しいキャッチコピー・ロゴデザインは、無償でデータをダウンロード

できるようにした上で、名刺やSNS・ちらし・看板など幅広く、より

多くの方に愛着を持って使用していただけるよう周知してまいります。

※現在ガイドラインを作成中

 

・4月1日からデータ提供開始(予定)

 

※詳しくは、小山市公式ホームページをご覧ください

https://www.city.oyama.tochigi.jp/soshiki/2/232717.html

地域活性

Posted by 管理