【特別連載】東日本大震災 つながる出会い 渡辺祥子さん×編集長『“希望の言葉”を生きる力に』

東日本大震災の後、復興活動を行う多くの人に出会いました。
起こってしまった災害に、自分はどう向き合い、何ができるのか、戸惑いながらも前を向いて歩き続ける人々の言葉は、復興するまちを支える力強さを感じました。
その取り組みやその後の様子など、10年という年月を経て、今どのようなカタチになっているか、編集長が再び会いに行きました。

渡辺祥子さんは、地元仙台でフリーアナウンサーとして様々なメディアでご活躍されてきました。その活動の中で、もっとリアルな場で直接語りかけたい、という思いから、朗読の活動も始め、舞台公演や講演活動を全国各地で開催、エッセイの執筆なども手掛けられてきました。
祥子さんとの初めての出会いは震災前に遡りますが、久しぶりにお会いしたのは、東日本大震災から1年7ヶ月後に仙台市で開催された、「日本女性会議2012」でした。
震災で大きなダメージを受けたこのまちの復興のために、女性たちも地域づくりの当事者として共に考え行動する力を持つことの大切さとその決意を、全国から参加される方々と共有し発信する場でした。私もひとつの分科会の作り手として参加したのですが、そこで進行役を務めてくださったのが祥子さんでした。…

東日本大震災 つながる出会い

地域活性

Posted by 管理