【北海道 東川町】明治安田生命保険相互会社と 包括連携協定・オフィシャルパートナー協定を締結

北海道東川町は、明治安田生命相互会社の間において、5月12日に包括連携協定、並びにオフィシャルパートナー協定を締結しました。
締結式の様子。明治安田生命 旭川支社 支社長 森元敦士様(左)、東川町長 松岡市郎(右)
締結式の様子。明治安田生命 旭川支社 支社長 森元敦士様(左)、東川町長 松岡市郎(右)
東川町(所在地:北海道上川郡東川町、町長:松岡市郎)と明治安田生命保険相互会社(旭川支社:北海道旭川市、支社長:森元敦士)は、相互に連携・関係を構築し、地域社会の発展、町民サービスの向上、ならびに地方や日本そして世界の未来を育む社会価値の共創を目指すために、5月12日、包括連携協定とオフィシャルパートナー協定を締結します。
双方が互いの資源や特色を活かした事業に協働して取り組むなど新たな社会価値を共創する事業を推進し、多様な連携を通じて、事業や地域の活性化に寄与することを目的としています。今後、さまざまな領域で協働してまいります。
■本協定の名称
「包括連携協定」「東川オフィシャルパートナー協定」

■本協定の締結日
2021年5月12日

■本協定の連携事項
明治安田生命保険相互会社と東川町は、以下の事項について連携します。

「包括連携協定」
(1)地域の安全・安心や健康づくりに関すること
(2)産業・観光振興および地域経済の支援に関すること
(3)感染症・がん対策に関すること
(4)地域活性化に関すること
(5)その他町民サービスの向上に関すること

「オフィシャルパートナー協定」
(1)両者の社会価値を創造する取組みに関すること。
(2)両者の発展に関する情報交換及び連携に関すること。
(3)両者の社員のライフスタイルを育む活動に関すること。
(4)東川町の「写真の町」ひがしかわ株主制度及び企業版ふるさと納税制度の活用に関すること。
(5)本協定の目的を達成するために必要な事項。

松岡町長コメント

この度は、2つの協定を締結いただき、感謝とお礼を申し上げます。今後、地方が元気になるために「町」だけで盛り上げることは不可能だと考えています。いかに連携して、町を盛り上げていくかが重要な中で、今回の締結は意義のあるものだと思っています。今回の連携の目的のひとつである「健康づくり」は、自分自身の幸せに繋がり、そして自分の幸せづくりをすることが、まちの活性化につながると考えています。

森元支社長コメント

明治安田生命の企業ビジョンは、「信頼を得て選ばれ続ける、人に一番やさしい生命保険会社」です。それを目指すための活動である「みんなの健活プロジェクト」や「地元の元気プロジェクト」を推進するなかで、今回東川町との2つの協定を結ばせていただきました。全国規模のネットワークを生かし、弊社の社員も共に汗を流しながら、本協定を推進していければと考えています。引き続きご支援いただければと思います。

地域活性

Posted by 管理