~高知県観光キャンペーン「リョーマの休日」新プロジェクトが本格始動!~最新テクノロジー「NIN_NIN」と楽しむ、新しい高知旅 Instagramライブ配信企画「ニンスタライブ」が5月12日(水)より開始!第1回目は、仁淀川に架かる沈下橋から大自然を満喫!

高知県は、4月より展開している高知県観光キャンペーン「リョーマの休日」新プロジェクトとして、“日本初”となる、ボディシェアリングロボット「NIN_NIN(ニンニン)」と観光地を巡るInstagramライブ「ニンスタライブ」を2021年5月12日(水)より開始いたしました。

■遠く離れていても気軽に高知気分!最新テクノロジーで楽しむ「ニンスタライブ」
高知県観光キャンペーン「リョーマの休日」では、「高知の未来観光」をテーマに、最新のテクノロジーを駆使して、新しい時代の観光のカタチを提案しています。
5月12日(水)にスタートした「ニンスタライブ」は、公募で選ばれる観光客にボディシェアリングロボット「NIN_NIN」を通じて画面越しに高知を楽しんでいただくとともに、その様子をInstagramでライブ配信することで、多くの方に高知を感じていただく企画です。

当日は、高知県出身で大阪在住のマイさん(ニックネーム)にNIN_NINの“中”に入っていただき、その様子をインスタライブで生配信いたしました。場所はいの町と日高村を流れる仁淀川沿い。ガイド役のスタッフの肩にNIN_NINを乗せてスタート。あいにくの雨模様で、急遽NIN_NINもスタッフお手製のカッパを被ることになりましたが、ライブ配信が始まると雨も弱まり、鳥のさえずりが聞こえるほどになりました。スタッフとマイさんの会話も弾む中、川沿いを進んだ先には仁淀川に架かる名越屋(なごや)沈下橋が登場。沈下橋の上から仁淀川の清流や高知の自然を満喫いただきました。
ライブの視聴者からは、「高知に行きたいと思ってたからうれしい!」「今度高知に絶対行きます!」といったコメントが寄せられ、NIN_NINの中に入っていたマイさんからは、「故郷高知の美しい仁淀川が見れて嬉しかったです。鳥のさえずりも聞こえましたし、カメラからも綺麗に見えました」とコメントがありました。

今後は、NIN_NINの“中”に入る方の希望の場所に行き、高知に詳しい地元の方の肩に乗せたNIN_NINを通じて県内を観光していただく企画「あなたの、分身!NIN_NIN観光」を6月から実施する予定で、将来的には個人旅行者向けにNIN_NINを貸し出して一緒に高知観光をお楽しみいただけるような企画なども実現していきたいと考えています。今後の“高知の未来観光”に是非ご注目下さい。

■NIN_NINの仕組み
お手もとのデバイスでNIN_NINを通して、高知観光を遠隔で楽しむことができます。

 

  • ボディシェアリングロボット「NIN_NIN(ニンニン)」とは

NIN_NINは、オリィ研究所が開発した、「テクノロジーの力を使って、身体の機能を他人にシェアする」ボディシェアリングをコンセプトとしたロボットです。

  • 高知県観光キャンペーン『リョーマの休日』とは

■高知には、カレンダーにはない「新しい休日」があります。
高知県では、2012年から「リョーマの休日」の名のもと、食や歴史をテーマとした観光誘客に取り組み、さらに、2019年から約2年間は、自然や体験を前面に押し出した観光キャンペーンを展開してきました。

近年は、旅行者の自然志向や、地元ならではの体験を重視した個人旅行の人気など、多様性のある新たな旅のスタイルへの需要が高まっています。こうした機運を捉え、2021年4月1日からは、新しい時代に対応した高知ならではの観光体験として、高知県の強みである「自然、歴史、食」の3つの観光基盤を用いた、⾃然体で過ごす「⼭曜⽇」「川曜⽇」「海曜⽇」、本物の歴史に触れる「昔曜⽇」、多様な⾷⽂化に驚く「味曜⽇」など、カレンダーにはない「新しい休⽇」を提案する高知県観光キャンペーン「リョーマの休日」を展開しています。

■キャッチフレーズは「あなたの、新休日。」
何かと我慢を強いられることが多い今の世の中だからこそ、山・川・海の雄大な自然と、その自然が育んだ歴史・文化、食の恵みを存分に感じながら、”自然体”になれる、あなただけの新しい休日を見つけてほしい、という想いを込めました。

■高知県観光キャンペーン「リョーマの休日」開催概要
期間:2021年4月1日(木)〜2022年3月31日(木)
場所:高知県下全域
内容:高知の自然、歴史、食、文化などを生かした多様性のある観光体験の提供、観光イベントなど
特設サイト:https://kochi-experience.jp/

地域活性

Posted by 管理