「おいしかったよ!」「また食べたいな!」 市原市玉泉幼稚園の花まつりの日に130本のおだんごプレゼント みたらしだんご3千本を無償提供企画 ~もち米不使用!6ヶ月の赤ちゃんでも食べられるお団子で元気になって欲しい〜

企画・PR支援事業を展開する株式会社MEGAホン(所在地:東京都港区/代表:千葉陽平)と午後には売り切れ続出の"やちばあちゃん秘伝のだんご"を提供している
和み処 白金茶寮(所在地:千葉県市原市君塚5-5-26店長:西郷光貴) は、コロナ禍による景気の低迷などが原因で、『昨年、過去最多の未成年の子供達が自殺』という報道(1月22日厚生労働省発表)を受け、当店でも何かできることはないかと考えた結果、市内の幼稚園、保育園、こども園などに通う子供達へ、無償でおだんごのプレゼントする企画を開催中です。
そんな中、お釈迦様の生誕日とされる4月8日に、毎年灌仏会 (かんぶつえ)とも呼ばれる花まつりという行事を開催されている、市原市門前の宝積寺の境内に隣接された玉泉幼稚園に、130本のみたらしだんをプレゼントさせていただきました。
なお、本企画は3千本を目標としており、贈り先の園の募集を継続中です。
4月には入園式などの行事も多いと思いますので、そういったイベントなどの際に合わせて開催することもご相談いただけますので、ご希望される園の園長先生は、下記の方法にてご応募ください。

■プレゼントの背景 〜今の自分にできること。それは「美味しいおだんごを食べて笑顔になる子供を増やす!」ことでした〜

新型コロナウイルスによる生活の変化などにより、2020年の自殺者は11年ぶりに2万人を超えました。その中でも若い世代、特に未成年(子供)は過去最多だったという報道がありました(1月22日厚生労働省発表)。
このニュースを知ったとき、「多くの子供達が若くして将来に希望が持てなくなってしまうような世の中になってしまったのか。」と、とても悲しい気持ちになりました。
何か自分にできることはないのか?小さなことだったとしても、今の自分ができる範囲のなかで、何か行動を起こすことはできないものか?と自問自答しました。そして考え付いたのが、【これから大きくなる幼稚園や保育園の子供達におだんごを振舞って、その一瞬だけでも笑顔になって喜んでもらいたい!】

ということでした。
『小学生〜高校生の子供達の自殺が増えている』という現状ではありますが、当店のお客様などにそれらの年代の方が少ないため、まずは「今すぐできること」として、今回は幼稚園以下のお子さんを対象にさせていただきます。そして、今後はこの活動にご賛同いただける方を募るため、クラウドファンディングの実施も検討して、支援の連鎖が生まれてくることで、さらに上の世代の子供達の支援につながってくれば。と考えております。

■プレゼント企画発案者の想い 〜自分と同じように「将来おだんご屋さんになりたい!」という夢を持ってくれる子供が出てきてくれたら〜

当店のおだんご「やちばあちゃん秘伝のだんご」は、店長西郷の実の祖母がまだ若く元気だった頃に、家族総出で手作りして販売していたのを、自分が生まれ育った千葉県の食材を中心に使って約6年前に復活させたのが始まりです。

西郷も園に通っている園児達と同じ歳頃に、祖母が作ってくれたおだんごを食べて、とっても美味しかったのが今の歳になっても忘れられずにいたので、現在、体一つで縁もゆかりもなかった市原に来てまでお店を開業したきっかけになったのだと思います。

このおだんごを食べていただくことで、「美味しかった!また食べたい!」と言って、子供達が明日、明後日、、そして大人になる将来に希望を持っていただけたら、とても幸福せなことだと思います。
そして、この子供達が、将来大人になった頃まで当店が続けていることができたとしたら、自分ももっともっと頑張って会社を大きくしていることと思います。
その時に、「あの時食べたおだんごが美味しかったから!」といって、自分の会社に入社してくれる子が出てきたら嬉しいな。と考えております。

■みたらしだんごプレゼント 開催した幼稚園

3月11日 国分寺台幼稚園 市原市国分寺台中央  210本
3月12日 市原マリア・インマクラダ幼稚園 市原市辰巳台西 180本
3月17日 あすなろ幼稚園 市原市喜多857 180本
4月8日 玉泉幼稚園 市原市門前 130本合計700本
■5月以降の開催幼稚園(5月10日現在)
5月18日 柳光幼稚園 市原市門前 250本

今後も継続してプレゼントをさせていただく園の募集は継続しております。
下記の方法にてご応募お待ちしております。

■クラウドファンディングの立ち上げ 〜リザーブストックのクラウドファンディングページにて、ご賛同いただける方を募ります〜

当初、常連さんのお子さんが通う幼稚園の園長先生にご相談して、自分一人で、自費にてプレゼントすることを考えておりましたが、小さな取り組みだけで終わらせるよりも、ご賛同いただける方を募って、少しずつでも支援の連鎖が広がった方がいいのでは。と考え、クラウドファンディングにてプロジェクトを立ち上げさせていただくことにしました。
ご支援いただいた方には、連名にてプレゼントする園にお名前をお伝えさせていただきたいと思います。(ご希望の方のみ)
さらに、高額のご支援をいただいた方には、お店で使えるクーポン券を送らせていただきますので、プレゼントする当店のおだんごを、ぜひご試食いただきたいと思います。▼子供たちが夢を持てない世界を終わらせたい。『子供の未来応援プロジェクト』
リザーブストックプロジェクトページ
https://resast.jp/shared_projects/index/318

■市原産こしひかり100%!もち米・添加物、一切不使用のおだんご

当店のおだんごは、一般的なおだんごの製法と違い、市原産のうるち米こしひかりを、蒸してそのまま搗(つ)く昔ながらの製法で、千葉県では当店が唯一製造販売しています。
食感はふんわり柔らかく、離乳食が食べられるようになった6ヶ月の赤ちゃん〜90歳の入れ歯のおばあちゃんまでお召し上がりいただいており、今年もお餅を食べる機会が増えるお正月から、「喉に詰まる心配が少ない」と、元旦から大勢のお客様で賑わいました。また、今回プレゼントさせていただきます「みたらしだんご」は千葉県が主催するコンテスト「食のちばの逸品を発掘2020」にて審査員特別賞を授賞させていただきました。

餅を含むなんらかの誤嚥(ごえん、飲み込んだ飲食物が誤って気道に入ってしまうこと)等の不慮の窒息で亡くなる人は、2018年の死亡者数をみると交通事故(2,646人)、自然災害(2,464人)の3倍以上の8,000人にのぼるそうです。(厚生労働省「人口動態調査」上巻)
当店のおだんごは、そんな「お餅やおだんごが好きだけど怖くて食べれない」という方にも広めていきたいと考えております。

■”3000本”の根拠
なるべく多くの子供達に提供したいのと、当店が来月3月で3周年になるため、”3”にちなみました。3年間お店を継続してこれたことへの感謝の気持ちも込めさせていただきたいと思います。■無償プレゼントの内容および条件
・幼稚園(保育園等も含む)1軒につき、園児の人数分のみたらしだんごをプレゼントさせていただきます。(例、園児150人の場合、だんご150本プレゼント)
提供する園児の人数が3000人(おだんご3000本)に達した時点で応募終了予定。
・日時、配達方法等は打ち合わせの上決めさせていただきます。
・本企画の感想や(もしあった場合、)問題点、今後開催するときの課題などをまとめてご連絡いただけること。
・召し上がられている時の写真の提供
※使用目的:当店のHPやブログ、SNS等での投稿(使用する際はお顔とお名前がわからないように加工させていただきます。)
■応募方法
応募方法   : お電話にて「おだんごプレゼントのご連絡を見た〇〇園です」とご連絡ください。
電話番号 : 0436-26-6499
受付時間 : 営業日の10:00〜17:00
定休日  : 月曜定休
(臨時休業あり。詳細は公式HPの営業日カレンダーをご覧ください)

地域活性

Posted by 管理