SDGsに紐付けた取り組みで急成長 株式会社シティコミュニケーションズが、 2021年5月26日かながわSDGsパートナーに認定されました

株式会社シティコミュニケーションズ(本社:横浜市神奈川区、代表取締役社長:三田大明)は、2021年5月26日(水)『かながわSDGsパートナーズ』の第5期に認定されました。弊社は、SDGsの理念ならびに目標に賛同し、各事業の取組みを通じて、17の目標達成にチャレンジしています。総合エンタテインメント企業としてさまざまな事業を行っている弊社の中には営業自粛期間中にSDGsに関する取り組みに全力を注いだ結果、休業明けに業界ランキング 50位から10位へと急成長した店舗もあります。各ブランドそれぞれが、SDGsと紐付けた取り組みを継続的に行う事で、地域との共存・共栄の実現を目指しています。

  • SDGsと紐付けした取り組みで業界ランキング10位まで浮上

弊社が運営する「ベルシティザシティ篠崎店」では、SDGsと紐付けた活動を多岐に渡って取り組んでいます。新型コロナウイルス禍での自粛期間・自粛明けにおいては、「地域協賛店のテイクアウト情報を店舗ラインで発信」「地域協賛店への次亜塩素酸、アルコール消毒液の配布」「駅前でのマスク配布」「定期的な地域清掃」「スタッフ手書きによる営業再開案内」「地域協賛店での食事」「店舗花壇の整備による季節感の演出」「地域施設への端玉お菓子の寄付」などを実施しました。

休業中の2020年4月と比較すると2020年10月には都内SIS※ランキングが50位から10位へとランクアップ。また、業界全体では自粛明け以降の回復率が良くて8割、悪いと5割と言われている状況下において、売上98%、稼動93~95%と、驚異的な回復率と言えます。
(ダイコク電機SISランキング調べ)

※ダイコク電機SIS:ダイコク電機が集計している全国のパチンコホールの売上や稼動数値のデータベース

地域活性

Posted by 管理