米米CLUBが4年半ぶり全国ツアー、“聖地”NHKホールで32曲披露

米米CLUBの全国ツアー「a K2C ENTERTAINMENT TOUR 2017 ~おせきはん~」が、本日1月14日にファイナルを迎えた。この記事では1月9日に行われた東京・NHKホール公演の模様をレポートする。

開演時刻を迎え、幕が上がったステージに最初に現れたのはカールスモーキー石井(Vo)扮する歌手・腹綿腸次郎。彼は「いとしのドミンゴ」「ブルース錨の波止場」「オイオイオイ マドロスさん」といった代表曲を軽妙なトークを交えながら熱唱し、ファンを大いに盛り上げた。一旦幕が降りたあとはいよいよ本編、米米CLUBのステージへ。「僕らのスーパーヒーロー」「I・CAN・BE」と初期の名曲が連続で披露されると、観客はシュークリームシュやサポートダンサーのテキーラまさはると同じ振り付けを楽しそうに踊っていた。

米米CLUBがNHKホールでライブを行うのは2012年の全国ツアー以来約6年ぶり。石井は「ここは聖地でございます。米米CLUBはここから始まったような」と思い入れの深いNHKホールでのライブについて語り、さらに先日放送された「NHK紅白歌合戦」の感想も明かして笑いを誘う。メンバー紹介ではその「NHK紅白歌合戦」でメンバーのフラッシュ金子(Key)こと金子隆博がオーケストラ演奏の指揮を務めたことも紹介。客席からは大きな拍手が起こった。

「この曲を聴きながら子育てをしていた方もいたんじゃないかと」という石井の曲紹介で始まったのは、ハートウォーミングな「Child’s days memory」。会場に温かな空気が満ちた直後には、金持ちのドラ息子になりきった石井の一人芝居が炸裂するムーディな新曲「大都会人」へ。濃厚なパフォーマンスのあとはシュークリームシュのMINAKO(Dance)、MARI(Dance)が登場し、新曲「PEACH HIP II」を歌い踊る。さらに「東京イェイイェイ娘」が始まると、オーディエンスは法被姿のBIG HORNS BEEと共に「マリちゃーん!」「ミナちゃーん!」とステージ上に声援を送った。