木更津市、君津市、富津市、袖ケ浦市の上総(かずさ)地域から、日本の世界の出来事・ニュース・イベント情報・観光情報・子育て情報を発信するとともに、かずさ地域の元気を日本の、世界の方々にお届けします。

毒×キャラ×マンガ! 話題の本『毒物ずかん』第4刷出来 ~有毒元素から生物毒、化学兵器、麻薬、最強の毒までよくわかる~

株式会社化学同人(本社:京都市下京区、代表取締役社長:曽根 良介)は、2018年6月に刊行した『毒物ずかん キュートであぶない毒キャラの世界へ』が若者を中心に熱烈な支持を受けたことから、刊行後約1か月半の2018年7月30日に早くも第4刷出来となります。
著者のひとり、くられ氏は、このたび「2018年 第49回星雲賞(ノンフィクション部門)」を受賞され、ますます本書への注目が高まっております。ふだんは遠ざけたい毒ですが、「なぜ恐ろしいのか」「どうすると危険なのか」など、毒の本当の姿を多くの方に知っていただければ幸いです。

毒についての本は数多くありますが、この本の特色は、なんといっても毒を擬人化したキャラクターに見立てていることです。それぞれのキャラクターの姿や服装には毒の特色や性質がみごとにちりばめられています。さらには、そのキャラクターが登場するマンガも組み合わせ、楽しみながら毒についての知識を得ることができます。ニュースなどで、毒の名前を耳にしたとき、まっさきにこの本のキャラクターが思い浮かぶかもしれません。毒の入門書として最適の1冊です。

■有毒元素から、生物毒、化学兵器、麻薬まで網羅
本書では、名前は聞いたことがあるような代表的な30種類の毒を取り上げ、分子の小さいものから大きいものの順に並べています。公害をもたらした鉱物毒や、生物由来の毒、そして化学兵器や麻薬まで、網羅しています。解説では、その毒の由来や用途、摂取してしまった時の症状などを、「へえー」といいたくなるような面白いネタも混ぜながら、紹介しています。小中学生から、大人まで、どんなレベルの方でも勉強になるようにしています。

■若者を中心にTwitterなどで大反響
Twitterでは、発売直後から「あのキャラが好き」「かわいい」「楽しい」というように本書を楽しんでいただいている感想が多数ツイートされています。それとともに「わかりやすかった」「勉強になった」という声も多く、単なるキャラ本ではないことが見て取れます。反響の大きさから、刊行前に増刷をしましたが、品切れになってしまう書店さんが引き続き、このたび第4刷が出来上がりました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

毒物ずかん キュートであぶない毒キャラの世界へ [ くられ ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/7/29時点)

 

書名  : 毒物ずかん ~キュートであぶない毒キャラの世界へ~
著者  : くられ(文・監修)、姫川 たけお(絵・まんが)
体裁  : A5判・並製・カラー・160頁
発行日 : 2018年6月10日
本体価格: 1,400円(税別)
ISBN  : 978-4-7598-1962-5
URL   : https://www.kagakudojin.co.jp/book/b358953.html

おすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。