スーパーフード『モリンガ』のタブレットを1月28日発売! 女性起業家がガーナの生産者と直接フェアトレードして商品化

アフリカの自然生まれのナチュラルスキンケアブランド『JUJUBODY』(読み:ジュジュボデイ)を手掛ける、VIVIA JAPAN株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:大山 知春)は、日本AFRICA 起業支援イニシアチブの支援のもと、ガーナ産モリンガの葉を乾燥粉末にして圧縮したモリンガタブレットを、2019年1月28日(月)に発売いたします。

モリンガは、90種類上の栄養を葉に含み、必須アミノ酸を唯一全て含む植物と言われています。近年、新興国では、現金収入の少ない農家の新たな収入源となる農作物として注目されています。JUJUBODYの契約農家では、これまでにマイクロファイナンスを150人に、農業トレーニングを9,000人以上に提供し、地域社会に貢献しています。

■商品概要
名称   :JUJUBODYモリンガタブレット
特徴   :1) ガーナ産モリンガのタブレット化は、日本初
      2) 飲み込みやすい小粒サイズ
      3) 自宅保管の大容量サイズと携帯しやすい
        お試しサイズの2種類展開
価格   :約1ヶ月分360粒 2,900円(税抜)
      約1週間分90粒  1,200円(税抜)
販売ルート:JUJUBODY公式オンラインショップ( https://www.jujubody.com/ )

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。