岩手県で「三陸防災復興プロジェクト2019」が開幕 八神純子さん、米国大使館ヤング首席公使、国連防災機関らを迎え、 釜石市でオープニングセレモニーとシンポジウムを開催

6月1日(土)に、岩手県釜石市の釜石市民ホールで「三陸防災復興プロジェクト2019」オープニングセレモニーとシンポジウムが開催され、岩手県三陸沿岸を舞台に、6月1日から8月7日にかけて行われるプロジェクトが開幕しました。


この日は、プロジェクト実行委員長である達増岩手県知事をはじめ、米国大使館ヤング首席公使、国連防災機関(UNDRR)松岡駐日事務所代表などおよそ700人が参加し、震災後に生まれた国内外の「つながり」が続いていることや、世界に向けて震災の教訓を発信することの重要性を実感するセレモニーとなりました。

「三陸防災復興プロジェクト2019」は、東日本大震災津波からの復興に取り組んでいる姿を発信し、世界の防災力向上に貢献していくことや、三陸地域の多様な魅力を伝えるため、シンポジウムをはじめ、お祭り、音楽、食、ジオパーク、観光などに関する多彩な22事業を行っていくものです。

オープニングセレモニーでは、達増知事が「このプロジェクトを行うことで、復興に取り組みながら、お互いに幸福を守り育てる『希望郷いわて』を実現する大きな一歩にしたい」と決意を述べました。

米国大使館ヤング首席公使は、自身が関わった震災後の救援活動「トモダチ作戦」や、米国が主導し立ち上げた、被災地の高校生が米国留学するなどの「TOMODACHIイニシアチブ」の取組に触れながら、留学を経験した若者が「誇りと志を持って生き生きと活躍している」とスピーチしました。

国連防災機関松岡駐日事務所代表は、「東日本大震災の経験は、よりよい復興や防災・減災につながるため、これを国際社会で共有し、意識啓発に役立てたい。」と述べました。

また、復興支援を熱心に行っている八神純子さんが出演し、震災後に三陸の小学生との交流で生まれた歌などを披露しました。会場は八神さんの美しい歌声に酔いしれ、「このプロジェクトを通して岩手・三陸の美しさを世界へ発信し、たくさんの人達が岩手に訪れてほしい」と語り、岩手・三陸に心を寄せました。

シンポジウムでは、台湾長栄大学の邵教授による基調講演と、インドネシア・アチェの博物館長や国内の有識者によるパネルディスカッションが行われ、東日本大震災津波や海外の災害を踏まえたこれからの地域づくりについて議論し、「自助と共助と公助の連携、地域の総合防災力を高めることが、これからの災害に強い地域づくりに不可欠であること」、「被災と復興の教訓を継承すること」などの重要性が示されました。